岐阜県瑞穂市のふくた眼科クリニックでは白内障の日帰り手術を行っております。

目の病気について

目の病気について
飛蚊症 硝子体出血 網膜剥離・網膜裂孔 ぶどう膜炎 さんりゅうしゅ もうのうえん ばくりゅうしゅ ものもらい

白内障について

白内障とは、眼球内にある水晶体(レンズ)の中身のタンパク質がさまざまな原因で変性して濁った状態のことを言います。
正常な水晶体は透明で光をよく通しますが、白内障により光の通り道が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、乱反射して網膜(フィルム)に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

白内障について
  • ものがかすんで見える。
  • 明るいところで見難く、まぶしく感じる。
  • 眼鏡が合わなくなる。
  • ものが二重三重に見える。

このような症状がでることがあります。

治療方法

母親の胎内で風疹に感染するなどが原因の先天性、眼のケガや薬剤の副作用による外傷性、糖尿病やアトピー性皮膚炎、ぶどう膜炎などの合併症と色々な種類があります。
その中で最も多いのは加齢による老人性白内障で、白内障と言えば概ねこれを指します。

日常生活に支障がない程度の軽症の場合、点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせます。
(進行防止の目的で、症状を改善したり、視力を回復させるものではありません。)
白内障が進行し、日常生活に不自由を感じるようであれば、水晶の濁りを手術で取り除きます。
手術では、濁った水晶体を超音波で砕いて吸い取り(超音波乳化吸引術)、レンズ(眼内レンズ)を入れるという方法で行います。
水晶の濁りは手術で取り除くのが唯一の方法ですが、年齢、職種などにより、必要とする視力にも違いがありますので、手術を考えるときは医師とよく相談しましょう。

当院では、白内障の日帰り手術を行っております。詳しくはコチラのページでご紹介しております。