岐阜県瑞穂市の成信会|福田内科医院では経鼻内視鏡による胃の検査に対応しております。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡とは?

経鼻内視鏡とは?

経鼻内視鏡とは、先端外径5mmの細くて軟らかい胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査機です。

口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、個人差はありますが、痛みや吐き気をほとんど感じません。

体にかかる負担も少なく、検査後はすぐ日常生活に戻れます。
気持ちを楽にして検査を受けていただくことが可能です。
当院では、経鼻内視鏡を使った検査を行っております。

経鼻内視鏡の特徴

特徴1

口から入れる内視鏡検査は、一度受けた方は「受けたくない」というイメージが定着するほど、つらい印象を残してしまいます。これは、検査する際に舌の奥にある舌根に触れるために、 どうしても咽頭反射が起こってしまい、「オエー」となっていました。

その点、鼻から入れる内視鏡検査は、スコープを鼻腔から直接食道へと通すことで、 舌根に触れないため咽頭反射がほとんど起きません。

特徴2

口から入れる内視鏡検査は、マウスピースで口をふさぎ、スコープ自体も口から入っているため話せません。しかし、鼻からスコープを入れる場合は口をふさぐことはないので会話ができます。

内視鏡検査について

内視鏡検査について
  • 検査日…毎週火曜日の午前中
  • 担当医…福田 信宏
    • 内視鏡専門医
    • 消化器病専門医
    • 超音波専門医
    • 医学博士
    • 内科認定医
    • 朝日大学付属村上記念病院 消化器内科講師

従来の口から入れる内視鏡検査を受けられた方で「もう受けたいくない」というイメージを持たれている方、ぜひ一度当院までお越しください。

口から入れる内視鏡を受けられて、鼻から入れる経鼻内視鏡を体験した方の多くが「次も鼻から」という方がほとんどです。

内視鏡検査ついて詳しくお知りになりたい方は、お電話や診察時等にご質問、ご相談ください。