岐阜県瑞穂市の眼科、ものもらいの説明。

目の病気について

目の病気について
飛蚊症 硝子体出血 網膜剥離・網膜裂孔 ぶどう膜炎 さんりゅうしゅ もうのうえん ばくりゅうしゅ ものもらい
飛蚊症

ものもらいは、まぶたが腫れる病気の俗称ですが、詳しく分類すると、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、霰粒腫(さんりゅうしゅ)、毛嚢炎(もうのうえん)などの病気があります。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
麦粒腫は、本来のものもらいの俗称ですが、まぶたにある油分を分泌する瞼板腺のなかで細菌が繁殖し、化膿した状態です。まぶたが、赤く腫れ、熱を持ち、痛みが強い事が多く、目が開けられない程症状が強い場合があります。腫れた部分の一部に化膿した部分が現れ、これが破れると膿みが出てきます。

治療方法

初期には、まぶたが開けられないほど腫れが強い場合には、抗生物質(化膿止め)や消炎剤(腫れ止め)の内服が有効です。点眼薬も同様の薬を使用します。またこの時期には、痛みが強い場合が多く、鎮痛作用のある消炎剤を使ったり、目を冷やすことが症状をやわらげるのに効果があります。 後期では、腫れは一応収まってきていますが、皮膚のなかに黄色っぽい膿みをもった部分が現れてきます。この時期になると、自然に破れて、血と混じった膿みが出てくることがあります。切開して膿みを早く出す治療も、早く治すためには、有効です。自然に破れてしまった場合には、患部を清潔に保ち、早めに受診して、処置を受けましょう。この時期の治療は、点眼の使用と皮膚への軟膏の使用が効果的です。




霰粒腫(さんりゅうしゅ)>
霰粒腫とは、瞼板腺のなかで炎症が起こって、肉芽腫と呼ばれる、「しこり」を作る病気です。麦粒腫のように膿みを持つことは少ないのですが、初期にはまぶたが強く腫れることもあり、麦粒腫と区別が付かない場合もあります。このような時期には、化膿を防ぐために、化膿止めと炎症止めの薬を使用します。 後期には、まぶたの腫れがひいて「しこり」がはっきりとしてきます。異物感や痛みがなければ、気長に点眼薬で1〜2カ月治療し、「しこり」がひいてくるまで待つことも可能です。しこりが大きく目立つ場合には、ステロイドの注射や切開手術を行い、早く治すこともできます。


毛嚢炎(もうのうえん)
まつげの毛穴に細菌が入ったり、まつげの生え方に異常があると、毛穴に炎症が起こってきます。刺激となっているまつげを取り除いたり、膿みを排出し、点眼薬や軟膏で治療します。治療が遅くなると、麦粒腫のようにまぶたが腫れることもあります。