岐阜県瑞穂市の眼科、コンタクトによる目の病気の説明。

目の病気について

目の病気について
飛蚊症 硝子体出血 網膜剥離・網膜裂孔 ぶどう膜炎 さんりゅうしゅ もうのうえん ばくりゅうしゅ ものもらい

翼状片

翼状片とは結膜から角膜に向かって肉片のような物が伸びてゆく病気です。
病理学的には瞼裂斑にもよく似ています。
これが小さい間は視力に影響が出ることはありませんが、
大きくなって瞳孔にかかると視力が落ちてしまいます。
翼状片について
(主な翼状片の原因)
はっきりした原因は不明ですが、
紫外線がもっとも重要な環境因子といわれています。

治療方法

小さいうちは美容上の問題以外は手術の適応にはなりません。
充血や刺激症状は伴う場合は点眼薬を使用することもあります。
美容上の問題がある場合や進行性の大きな翼状片は手術によって摘出します。
翼状片が瞳孔にかかって、視力が低下してから手術をしたのでは、
瞳孔の前に傷が残って視力回復しません。
瞳孔にかかる前に 手術を行う必要があります。

翼状片は小さいままで、大きくならない場合もあります。
それに小さい翼状片を手術して摘出しても、再発することがあります。
再発した場合は再手術が必要になることもあります。