岐阜県瑞穂市の眼科、コンタクトによる目の病気の説明。

目の病気について

目の病気について
飛蚊症 硝子体出血 網膜剥離・網膜裂孔 ぶどう膜炎 さんりゅうしゅ もうのうえん ばくりゅうしゅ ものもらい

疲れ目と神経痛

<疲れ目>
疲れ目は、文字どおり目が疲れる状態ですが、医学用語で眼精疲労(がんせいひろう)と
呼ばれています。
「目の使いすぎ」が原因であるのは当然ですが、
患者さん自身が使いすぎを自覚していない場合もあります。
またこの原因はさまざまで、いくつかの原因が合わさって起こる場合もあり、
治療は簡単ではありません。
疲れ目の症状は、ぼやけてみえる、目が重い、充血する、しょぼしょぼする、しみる、涙がでる、
目が熱い、などさまざまです。
このような症状がひどくなってくる頭痛、吐き気、目の奥の痛みなどがでてくることもあります。

(主な疲れ目の原因)
・ 単純な目の使いすぎ
・ 老眼
・ テレビやコンピューター画面や携帯電話の画面の見すぎ
・ 眼鏡が合っていない
・ 不眠
・ 遠視や乱視
・ 室内が暗いなど悪い環境での作業

治療方法

単純な疲れ目では、目を使う時間を短くし、点眼薬を使用します。
また、可能性のある原因はできるだけ取り除くようにしましょう。



<眼窩神経痛>
眼精疲労が強くなると目の神経痛を伴ってくることがあります。
目の奥の痛みや、こめかみの痛みは疲れ目によるものが多いです。
神経痛がひどいと、頭痛や吐き気を伴う場合もあります。

治療方法

疲れ目の治療とともに、目の痛みを起こしている神経の状態を調整するために
ビタミンB12の服用を併用する場合があります。



<疲れ目と眼鏡>
老眼や遠視、乱視の状態の患者さんが眼鏡を使用せずに本を長時間読んだり、
コンピューター画面を見るなど近くの物を見続けると目の負担が多いために疲れを
自覚しやすくなります。
先に述べた、治療法では症状がなかなか改善しない時には、
眼鏡が必要ないかどうか検査を受けましょう。