岐阜県瑞穂市の眼科、内斜位の説明。

目の病気について

目の病気について
飛蚊症 硝子体出血 網膜剥離・網膜裂孔 ぶどう膜炎 さんりゅうしゅ もうのうえん ばくりゅうしゅ ものもらい

内斜位

両眼で物を見ているとき、視線のズレは発生しません。
このとき、両眼の筋肉は視線を物に合わせるために働いています。
しかし、片眼を隠したとき、隠された眼は物を見る必要がなくなるために、その眼にとって楽な姿勢(楽な位置)へと移動します。
また、隠すのをやめ、両眼で物を見れば外れていた目の視線はきちんと揃います。
その片眼を隠したときに、隠された眼がそれぞれ目標物より内方向を向く事を内斜位といいます。
斜位の人は、物を見るときに生じる目のズレを、目を動かす筋肉によって補っています。
そのため、普通の人に比べて、目が疲れやすく、眼精疲労を起こしやすくなります。
また、めまいや乗り物酔いを引き起こすことがあります。
斜位は斜視と同じ目の位置異常ですが、斜視と違い症状が軽い場合は、治療の必要がありません。