岐阜県瑞穂市の眼科、内斜視の説明。

目の病気について

目の病気について
飛蚊症 硝子体出血 網膜剥離・網膜裂孔 ぶどう膜炎 さんりゅうしゅ もうのうえん ばくりゅうしゅ ものもらい

内斜視

両眼の視線が正しく目標物に向かわず、視線(黒目)が目標物よりも内方向を向くことをいいます。
また内斜視には、調節が強く関係しているものとそうでないものとがありますので、以下で説明します。

調節性内斜視
これは、調節(ピントを合わせること)をするときに過剰な眼球の内よせが起こり「より目」の状態になることで、遠視が原因になっていることがほとんどです。
初期は間欠斜視・交代斜視ですが、放置しておくと、恒常斜視・片眼斜視になり、斜視眼が弱視になることがあります。1歳以後、普通2、3歳で発症します。早い時期に眼鏡装用をすることなどの適切な治療をする必要があります。

非調節性内斜視
生後6ヵ月以内の早期に発見される恒常斜視です。主に手術による治療を行います。
また、一眼の失明や高度の視力障害があるときにも起こることがあります。