岐阜県瑞穂市の眼科、瞼裂斑の説明。

目の病気について

目の病気について
飛蚊症 硝子体出血 網膜剥離・網膜裂孔 ぶどう膜炎 さんりゅうしゅ もうのうえん ばくりゅうしゅ ものもらい

瞼裂斑(けんれつはん)

瞼裂斑(けんれつはん)
白目の表面を覆っている結膜の表面にできる黄色がかったおできのようなものです。
これは、普通、黒目の横の結膜が変化して盛り上がってできるものです。
普段は気にならなくても、目が充血したりするとこの部分が目立つようになり、悪いものではないかと心配で受診される方も多いですが、ありふれた病気ですので特に心配はいりません。
普通の状態では自覚症状は全くなく、治療の必要もありませんが、次に説明するように、この部分に炎症がおこると点眼薬での治療が必要になってきます。

瞼裂斑(けんれつはん)

瞼裂斑炎(けんれつはんえん)
これは、瞼裂斑の表面に傷がついたりして炎症が起こった状態です。
症状は、軽いかゆみやゴロゴロした違和感などですが、白目の半分、もしくは両側が充血します。
瞼裂斑のまわりが充血しますので、充血して初めて何かができていると気づく方も多いですが、充血する前からできていることが多いです。
治療は炎症を抑える目薬などを使用します。
目をこすったり、コンタクトレンズを装用したりすると、
症状を悪化させたり長引かせたりしますので避けるべきです。 このような症状がでることがあります。